【最新版】人気マッチングアプリ特集!

【ブログ】やりたくないこと、嫌なことをすぐに出来るようになる方法(シンプルでかなりオススメ)

やりたくない事や嫌いな事って行動までに時間がかかったりしますよね。今回はそういった「嫌なことに対してすぐに取り組めるようになる方法」というテーマで記事を書いていきたいと思います。

この記事を読むメリットは2つです。

  1. なぜ行動までに時間がかかるのかの仕組みがわかる。
  2. やりたくない事に対してすぐに動けるようになる方法がわかる。

なぜ嫌な事は動くまでに時間がかかるのか?答えは脳にあります。

脳は「嫌なこと」をする時には「やらなくていい理由を探す」んです。やらなくていい理由を探すのは脳が自分を守る為にそういう思考にする「防衛本能」だと言われています。

嫌な事にすぐに取り組めないのは「脳の自己防衛」

具体的な例を3つ上げます。

部屋の掃除をしている途中にアルバムに見入ってしまう。 早く出社しようと思ってはやく目覚ましをセットしたのに、朝になると「もう一本遅い電車でも間に合うし」と二度寝する。 掃除しなきゃと思いつつ「今じゃなくていいか」と思いもうずいぶんと経つ。

これら全てに共通しているのは「眼の前にある嫌な事から逃げるために他の事に目移りする」ということです。では次からはどうしたらその現象を避けて嫌なことでもすぐに取り組めるようになれるのかについて考察します。

すぐに動ける様になる!思った瞬間に動く5秒ルール

男性が100m走をしている画像

「嫌だ!」「やりたくない!」と思った瞬間から5秒以内に動き出すといういわゆる5秒ルール。これは知ってる人は知っている有名なものですが、いざ実践してみると本当に効果があります。なぜ5秒なのかとそのやり方について考察します。

脳が「やらなくていい理由」を探すには5秒かかる。

嫌なことややりたくないことに直面するとまず第一に「やりたくない」「逃げたい」という感情が出ます。

次に「やらなくていい理由」を探し始めます。

そのやらなくていい理由が「すぐに動き出せないすべての原因」となります。その「やらなくていい理由」を探すのに5秒かかると言われているので、脳がその理由を探すまでに動き出してしまうということです。

これは、簡単かつシンプルですが非常に効果がありますのでぜひ試してみてください。

Twitterでも当サイトの記事に関することを発信しています。よかったらフォローしてください。

Twitter→リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です